排水管清掃、排水管高圧洗浄、グリストラップ清掃の作業事例についてはご紹介します

施工事例

2020年11月02日
厨房の排水の流れが悪い、と飲食店テナントさんから相談を受けた!
飲食店のテナントが入っているビルのオーナー様、
テナント様任せになり、排水の流れが悪いなどの相談を受けたことはありませんか?
オーナー負担で排水管の清掃を定期的に実施しようと計画し、
信頼できそうな業者さんを探しているオーナー様よりご依頼を受けています。

お問い合わせいただくと、丁寧にお客様の状況を伺います!

お客様のお困りごとやお住まいの状況に合わせて、
様々な解決方法を提案できる業者に任せましょう!


実際のお問い合わせではこのようにお話を進めました。
お客様・・・ビル賃貸オーナー会社 施設管理担当者様
築40年以上 港区にある4階建てのテナントビル
飲食店さんをメインに事務所など 12店舗入居
ビルは、7年前に購入。
排水管清掃は、購入後過去2回のみ。
弊社;作業範囲は、どの様にお考えですか?
    一般的には、厨房ないグリストラップまでの範囲をテナント、
    GTから下流をオーナーさん管理と決めていることが多い様ですが。
 お客様;うちは、厨房の排水管と共有分全てを作業範囲と考えています。
 弊社;GTがテナントさん管理ですと、清掃が行き届かない場合が
    他では見受けられますがいかがですか?
 お客様;そうなんです。うちも外国料理の店が多く、
     全く掃除が行き届いていない店は数軒あります。
 弊社;そうですか。グリストラップ出口側の排水管が汚れている可能性が高いですね。
    GTの管理がしっかりできない要因が、排水管のトラブルの一因になりますね。

「排水不良の原因」
このように、お客様の排水不良の原因を推測していきます。
 弊社;作業時間は、テナントさんの営業後ですね!深夜になりますか?
    深夜だとうちは、厳しくなってきますが…
 お客様;前回の作業では、昼間に来て営業時間をずらしながら、
    1日で終わらせました。
「作業時間帯」を確認
 弊社;そうですか。では、弊社でも対応可能ですね。
    洗浄方法については、どの様な希望がありますか?
 お客様;どの様な方法と言うと?
 弊社;はい、洗浄方法には大きく二つあります。
    一番洗浄効率が高いのは、高圧洗浄です。
    水圧で汚れを削ぎ落としますので、排水管の材質のもよりますが、
    塩化ビニール管であれば80%近くの洗浄効果があります。
    その反面、排水管に対する負荷も大きく、
    鋳鉄管、鉄管(白ガス管)など老朽化したものでは、
    ピンホールが開いて漏水事故発生のデメリットがあります。
    もう一つの洗浄方法として、ワイヤー洗浄があります。
    洗浄ヘッドをワイヤーの先に取り付けて回転しながら、
    排水管内を進んで、洗浄する方法です。
    洗浄効果は、高圧洗浄の半分ぐらいになりますが、
    漏水事故の確率は下がる事がメリットです。
「洗浄方法」を丁寧に解説
作業内容について、きちんとお客様にご理解いただきます。
 お客様;なるほど!その辺から検討する余地はありそうですね。
     ところで、図面を見た事がないのです。
     転売転売でオーナーが変わった事で図面がついてこなかったのだけど、
     現場調査すれば排水管の系統はわかるでしょ!
 弊社;申し訳ありません。排水管は通常床下や天井裏、
    壁の向こう側にある事が多く、図面を確認した方が
    作業の確実性が高まります。図面確認をお願いします。
現地に行っていざ取り掛かる時に未確認事項があると、
作業ができなかったり、お客様にも無駄な出費がかかったりします。

弊社では図面確認や現場調査を経て、作業に入ります。
お問い合わせからお見積りまで、お客様の状況に応じた解決を目指します!
まずはご相談下さい!
0120-75-7600
株式会社日本クリーン・アップ

お電話でのお問合わせは、こちらへ

0120-75-7600

サービス事例

対応エリア

世田谷区、中野区、練馬区、目黒区、杉並区、新宿区、渋谷区、
板橋区、豊島区、文京区
※対象エリア外についても、お問い合わせいただければご相談に応じます。