排水管清掃、排水管高圧洗浄、グリストラップ清掃の作業事例についてはご紹介します

施工事例

2021年01月12日
ビルオーナー様ご自宅のシンク排水不良修理
文京区にある6階建ビルのオーナー様より、
シンクの排水不良の修理を承りました。

他の業者様ではワイヤー洗浄しかやってもらえず
「排水管をもっとすっきり綺麗にしたい!」との
ご要望でした。
まず、現場調査

図面を確認し、下階テナント様の天井裏を開け
配管経路を確認しました。
「シンクから縦管まで約10m配管の曲がりが5回もある。
曲がりが多いな!
これは洗浄には苦労しそうだ!」

と現場調査担当者のコメントでした。

洗浄作業開始です!

外部の駐車スペースから高圧ホースを70m敷いて、シンクまで。
シンク排水口から洗浄ホースを入れ、
洗浄しながら下流に進めたいのですが、なかなか入っていきません。
排水管の曲がりで、固着した油が邪魔しているようです。

特別な道具に変えて、再チャレンジ!。
高圧洗浄は水圧で洗浄しています。
下流の水の通路が細いと、どんどん洗浄水が
シンクに溜まってきてしまいます。
案の定、油臭を含んだ下水臭とともに、
シンクに水が溜まって来ました。
「これはまずい!」と思いながらも
少しずつホースを進めていきます。
シンクの水位を確認しながら、溢水しない様に、
緊張感のある慎重な作業が続きます。


汚れと排水管の曲がりが多いせいか、
ホースの入り具合は鈍いです。
シンクの水の引きは良くありませんが、
少しは引いているのがわかります。
30分程度洗浄したでしょうか。
溜まっていた汚水が一気に引くところがありました。
「ここだ!」と排水管の閉塞部分を十分に洗います。
よーく洗っているとこもった洗浄音が、
次第に大きな抜ける音に変化して来ました。
詰まりが解消!


「いいぞ!」
縦管まで約10m程度、また、30分程かけてよーく洗います。
水が溜まらないこと、油っぽい下水臭がしなくなったこと、
縦管に落ちる水の音など、目、鼻、耳で感じて、
洗浄の程度を確認します。


「これでOK!」
オーナー様に、洗浄後の状況や推測される原因など
報告させていただき、作業終了です。
オーナーさんも「これでスッキリした!ありがとう!」
と、満面の笑みをいただきました。

お客様の笑顔と「ありがとう!」のお言葉が、
我々作業スタッフの大好物です。
お役に立ててよかった!

現場到着から2時間半の作業でした。

ありがとうございました!

お電話でのお問合わせは、こちらへ

0120-75-7600

サービス事例

対応エリア

世田谷区、中野区、練馬区、目黒区、杉並区、新宿区、渋谷区、
板橋区、豊島区、文京区
※対象エリア外についても、お問い合わせいただければご相談に応じます。