新築なのに排水口やトイレが下水臭いのはなぜ?対策は?

新築、または新しく入居した物件なのに、排水口やトイレが何だか臭う・・・下水臭い?ということはありませんか?

実はこちら、新築あるあるで、なぜなら、それには新築物件ならではの理由があるんです。

❶新築物件の水回り 排水口やトイレが下水臭い原因は?

住み始めて数日の新居なのに、お風呂場や洗濯機、トイレが何だか下水臭い・・・

まだキレイなはずの排水口なのになぜ??と思われる方も多いでしょう


その答えは、排水管からのニオイの逆流です!

まず、排水口・排水管の仕組みを簡単にご説明します。
キッチンや手洗い場などが分かりやすいですが、排水口から排水管をたどっていくと、「排水トラップ」と呼ばれる仕組みがあると思います。

排水口→排水管→下水管と流れていくわけですが、曲がりくねった排水トラップがあることで、下水の逆流を防いでいます。

排水トラップ内には「封水」と言って、いつも一定程度の水が溜まるようになっています。封水によって、下水からのニオイも逆流するのを防いでくれているのです。

では、なぜ新築物件なのに下水臭いということが起こるのか?

新築の物件では、水道が開通作業されるまで水を流すことがほとんどなかったために、この「封水」が蒸発してしまったりして排水トラップに十分溜まっておらず、ニオイが上がってきてしまっている可能性が高いです。

❷新築物件で下水臭い!解決方法は?

解決方法は簡単です!

排水トラップに、まとまった量の水を流してみてください。

「封水」がきちんと一定量ある状態にするためです。

もちろん、排水口にぬめりや汚れがないようお掃除することも必須です。

ここまでやってみても、その後しばらくたって下水臭さが続くようであれば、排水トラップに不具合がある可能性もあります。

排水トラップの交換などをご検討ください。

❸それでも水回りが下水臭い!どうしたらいい?

封水の不足でも、排水トラップの不具合でもない場合は、次のような原因が考えられます。

  1. 排水設備の不良
    下水管や排水溝、トイレなどの排水設備が正しく設置されていない場合、下水臭いが発生する可能性があります。管の接続が適切でない、シールが不良である、または排水システムに通気の問題がある場合が考えられます。
  2. 通気の不足
    排水管に十分な通気が確保されていないと、下水臭いが発生することがあります。排水管には適切な通気装置が必要で、これが欠如している場合に臭いが発生する可能性があります。
  3. 地下水位の問題
    地下水位が高い場合、地下室や基礎部分に水が浸み込む可能性があります。これにより、下水管からの臭気が建物内に漏れることがあります。
  4. 下水管の汚染
    下水管が建設中に汚染されるか、または使用中に詰まると、臭気が発生する可能性があります。
  5. 床排水の問題
    浴室やキッチンなど、水を使う場所での排水設備に問題がある場合、下水臭いが発生する可能性があります。

ここまでくると、診断も解決も、ご自分でなさるのは難しいかと思います。

専門業者に相談し、具体的な状況を確認してもらうことが大切です。
当社では、ご相談・お見積もりは無料で行っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


私たち排水管洗浄の専門業者が使用している高圧洗浄機は、家庭用の高圧洗浄機やハウスクリーニング会社様の高圧洗浄機とも桁違いのパワーがあります。

また、内視鏡を使って、お客様と一緒に管内の様子を確認することも可能です。


キッチンの排水口を高圧洗浄した動画です。

まずはご相談とお見積もり(無料)だけでも、お気軽にお問い合わせください。

無料のお見積り・ご相談はこちらから お問い合わせフォーム

割引クーポンも使えるお友達登録はこちらから

LINEからもお気軽にご相談ください!