トイレが臭い!芳香・消臭剤が効かないトイレのニオイの原因と対策は?

「新築なのに、きちんと掃除しているのに、トイレに入ると何だか臭いが気になる」
「暑さが厳しくなってから、急にトイレのニオイが気になるようになった」
「飲食店で、お客様からトイレが臭いとクレームを受けてしまった」

そこでトイレの芳香剤や消臭剤を置いてみても、イヤな臭いが消えない・・・

そんなお悩みはありませんか?

トイレの悪臭の原因には大きく分けて2種類あります。

それは、アンモニア臭と下水臭。

①便器や周囲の壁に付着した排泄物の汚れの臭い→アンモニア臭

②下水から上がってくる臭い→下水臭

トイレの気になる臭い、臭いのタイプで原因は違います。

①はトイレ掃除を徹底的にすることで解決しますが、②はそれでは解決できません

ここでは②の場合をくわしく分析していきます。

トイレの下水臭の原因①節水トイレのデメリット 封水不足?

きちんと掃除している、または新築なのにトイレが臭い!という場合、第一に考えられる原因は、便器内に常に溜まっている水が少ないことです。

まず、最近のトイレは節水タイプが増えています。
流す水量が少ないのはエコですが、排水管内に汚水が残って留まりやすくなってしまっています。

写真のようにこの便器内に一定量溜まっている水(封水といいます)が、下水から悪臭が上がってきたり、ゴキブリなどの害虫が侵入するのを防いでいます。
ですが、節水タイプではこの封水が少なく、夏の暑さや長期使用していないことによる蒸発・配管内部のつまりなどで減少し、悪臭にフタをする機能が果たせていないため、臭うと考えられます。

封水は、長期間トイレを使っていなかったり、夏暑い日が続いたりすると蒸発して不足状態になります。
また、排水管は他の水回りとつながっているので、例えばお風呂で大量の水を流したりすると引力で減ってしまうこともあります。

そのような場合は、トイレにまとまった量の水を流してみてください。

十分な量が溜まれば、封水が機能して臭いにフタがされておさまってくるはずです。

しかし!
それで解決しない場合=封水が原因ではない、のは問題です。なぜなら、排水管内に問題が起きている可能性が高いのです。

*排水管がつまっていると排水に通常よりも多くの水が必要になり、封水不足になることもあります。
 また、つまっている排水管の汚れが臭っている可能性もあります。

トイレの下水臭の原因②排水系統に問題あり

上記で解決しなかった場合、排水管に原因があると考えていいでしょう。

排水系統につまりがある場合、今はニオイが気になるだけでも、そのまま放置するとトイレが流れなくなり、汚水が逆流してしまうなどのトラブルが近いうちに起きます。

排水管の中の洗浄は、トイレ掃除や市販の洗浄剤ではできません。
また、詰まっている時に自分で何とかしようとブラシなどで押し込んでしまうと、さらに奥に詰まりを起こしてしまい、便器の取り外しなど大掛かりな作業になってさらにお金がかかってしまう危険性もあります。

排水管に問題が起きている場合、どうすればいい?

業者による原因の診断と排水管高圧洗浄をお勧めします!

原因がよくわからない場合には、内視鏡で状況を確認し、効果的な洗浄の方法を探っていくこともあります。

トイレが使えなくなってしまうと、大変困りますし、汚水の逆流も絶対避けたいですね。

悪臭は排水管トラブルのサイン!問題が起きる前に洗浄してスッキリさせましょう。

無料のお見積り・ご相談はこちらから お問い合わせフォーム

当社ではトイレだけでなく、キッチン、お風呂、洗濯機排水口なども一緒に洗浄することもできます。
サービスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

排水のお悩みをスッキリ解決したい方 サービス事例はこちら

当社にご依頼いただいたお客様の声もぜひご覧ください

ご依頼いただいたお客様の声をご紹介 お客様の声はこちら